トップページ > ニュースリリース一覧 > PoE給電ネットワークを簡単に構築できるPoEインジェクターを発売

ニュースリリース

ニュースリリース

【2018.01.11】

PoE給電ネットワークを簡単に構築できるPoEインジェクターを発売

サンワサプライ株式会社(本社:岡山市北区田町1-10-1、代表取締役社長 山田哲也)は、従来のネットワーク環境に導入するだけで、PoE給電ネットワークを簡単に構築できるPoEインジェクター「LAN-GIHINJ2」を発売しました。

製品品番 標準価格 製品画像
LAN-GIHINJ2製品詳細へ (税抜き ¥11,000) 製品画像へ
品番 標準価格
LAN-GIHINJ2 (税抜き ¥11,000)

「LAN-GIHINJ2」は、PoE給電ネットワークを簡単に構築できるPoEインジェクターです。
本製品をスイッチングハブとPoEに対応するLAN接続機器との間に設置することで、PoE給電ネットワークを構築できます。新たにPoE給電対応のスイッチングハブを導入・再設定する必要がなく、接続機器への給電がLANケーブル1本で行えるようになります。ギガビット通信が可能で、IPカメラなどでの動画転送にも対応しています。
そのため、天井などのAC電源を設置しにくい場所や、集合住宅・オフィスのような手軽にAC電源を増やすことができない施設などで、IPカメラ・IP電話などのネットワーク機器を使用したい場合に最適です。

放熱性に優れたメタル筐体を採用しており、高熱による動作異常を予防します。また、電源内蔵タイプでACアダプタは不要なため、電源コードを取り回すだけで使用できます。AUTO-MDIX対応で、ストレート・クロスケーブルのどちらでも使用可能です。

本製品を使用することで、PoE電源ネットワーク環境が簡単に構築できます。そのため、面倒な電源コードの配線、電源工事などが不要で、環境構築の費用が抑えられます。また、電源コードのタコ足配線を解消し、安全・安心な環境を整備できます。

※PoEとはPower over Ethernetの略称で、有線LANの配線に使うイーサネット通信ケーブルを利用して電力を供給する技術のことです。PoEを使用することで、LANケーブルのみで電力供給ができ、天井や屋外のコンセントが無い場所でも、ネットワーク機器を設置できるようになります。

広報関係者様専用ページのご案内

製品画像データベースなど各種サービスのご案内や弊社への広報に関する
お問い合わせ専用窓口をご確認いただけます。
(広報担当:渡邉 / 那須 TEL:086-223-3311 FAX:086-223-5123)

広報関連のお問い合わせはこちら

メールマガジンの購読申し込みについて

新商品情報など最新の情報をメールにてお知らせします。
ご登録・解除は無料で受け付けております。お気軽にお申し込みください。

広報関連のお問い合わせはこちら
  •  このリリースに記載の内容は、発表当時の情報です。 
     仕様・価格・外見など、予告なく変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。
  •  記載されている会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。

ニュースリリースへ戻る