トップページ > ニュースリリース一覧 > 人間工学形状を採用し、腱鞘炎予防に役立つエルゴマウスを発売

ニュースリリース

ニュースリリース

【2018.03.26】

人間工学形状を採用し、腱鞘炎予防に役立つエルゴマウスを発売

サンワサプライ株式会社(本社:岡山市北区田町1-10-1、代表取締役社長 山田哲也)は、人間工学デザインを採用し、腱鞘炎予防に役立つエルゴマウス「MA-ERG12」「MA-ERGW13」を発売しました。

製品品番 標準価格 製品画像
MA-ERG12製品詳細へ (税抜き ¥5,500) 製品画像へ
MA-ERGW13製品詳細へ (税抜き ¥6,000) 製品画像へ
品番 標準価格
MA-ERG12 (税抜き ¥5,500)
MA-ERGW13 (税抜き ¥6,000)

「MA-ERG12」「MA-ERGW13」は、腱鞘炎予防に役立つエルゴデザインマウスです。
エルゴノミクスまたは人間工学とは、働きやすい職場や生活しやすい空間を実現するために、人間の自然な動きや体勢を元にモノをデザイン・調整する考え方のことを言います。本製品では、従来採用されていた“マウスの上から手を乗せる方式”ではなく、“横から手を添える方式”を採用しています。この“横から手を添える方式”にすることで、より自然な角度でマウスを握ることができ、手首のひねりが軽減されます。また、手を添えたときに、左右クリックボタンへ自然に指が当たるよう設計されています。着脱可能で滑り止めが付いたリストレストも付属しており、手首を支えることで負担を軽減します。そのため、マウス操作を長時間行っても指先や手首などに大きな負担がかからず、腱鞘炎の予防につながります。

マウス読み取りには高感度のブルーLEDセンサーを搭載しており、従来の光学センサーでは識別しにくかった光沢感のある素材の上でも操作が可能です。
マウス側面には「戻る」・「進む」ボタンが付いており、Webブラウザの操作が快適に行えます。また、カウント切り替えボタン付きで、用途に合わせて素早くポインターの速度を変更できます。

本シリーズには、接続方法が異なる2種類の製品を用意しています。
「MA-ERG12」は、USBケーブルによる有線接続のマウスです。本体の縁に青色のLEDを搭載しており、光らせることでクールな空間を演出できます。
「MA-ERGW13」は、無線接続のマウスで、半径10mまで通信可能です。極小USBレシーバーを本体内へ収納できます。
用途に合わせて最適なものをお選びください。

MA-ERG12MA-ERG12             MA-ERGW13MA-ERGW13

広報関係者様専用ページのご案内

製品画像データベースなど各種サービスのご案内や弊社への広報に関する
お問い合わせ専用窓口をご確認いただけます。
(広報担当:渡邉 / 那須 TEL:086-223-3311 FAX:086-223-5123)

広報関連のお問い合わせはこちら

メールマガジンの購読申し込みについて

新商品情報など最新の情報をメールにてお知らせします。
ご登録・解除は無料で受け付けております。お気軽にお申し込みください。

広報関連のお問い合わせはこちら
  •  このリリースに記載の内容は、発表当時の情報です。 
     仕様・価格・外見など、予告なく変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。
  •  記載されている会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。

ニュースリリースへ戻る