トップページ > ニュースリリース一覧 > 立ち作業・座り作業の切り替えが素早くできる、ガス圧昇降デスク2種類を発売

ニュースリリース

ニュースリリース

【2018.05.15】

立ち作業・座り作業の切り替えが素早くできる、ガス圧昇降デスク2種類を発売

サンワサプライ株式会社(本社:岡山市北区田町1-10-1、代表取締役社長 山田哲也)は、立ち作業・座り作業の切り替えが素早くできる、ガス圧昇降デスク「ERD-GAP2W」「ERD-GAP3W」を発売しました。

製品品番 標準価格 製品画像
ERD-GAP2W製品詳細へ (税抜き ¥38,800) 製品画像へ
ERD-GAP3W製品詳細へ (税抜き ¥39,800) 製品画像へ
品番 標準価格
ERD-GAP2W (税抜き ¥38,800)
ERD-GAP3W (税抜き ¥39,800)

「ERD-GAP2W」「ERD-GAP3W」は、ガス圧昇降デスクです。
デスクワークは座りながら作業することが大半ですが、長時間にわたって同じ姿勢を続けると、身体への負担が大きくなることが分かってきました。また、立ったり座ったりを繰り返すことで作業の効率が上がるという研究結果も公表されています。
そのため、立ち作業と座り作業を組み合わせて行える、昇降デスクの有用性に注目が集まっています。

本製品はガスシリンダーを内蔵したガス圧昇降デスクです。レバーを引くだけで素早く天板を昇降させられるため、姿勢を変えやすく、効率のアップや健康増進につながります。 天板の昇降に電源が不要なので、工場や教室などの電源を確保しにくい場所での使用や、省エネ対策に取り組んでいるオフィスなどにも適しています。また、キャスターが付いているため移動させやすく、気軽にレイアウトを組み替えることができます。
天板高さの調整幅は長めの360mmで、775〜1135mmの間で調整できます。

「ERD-GAP2W」は、天板サイズが幅715mm×奥行き565mmのデスクです。
13インチノートパソコンとA4書類を並べて置ける広さで、パソコンでの業務はもちろん、講義・ミーティングなどにも使いやすいサイズです。

「ERD-GAP3W」は、天板サイズが幅900×奥行き600mmのデスクです。
「ERD-GAP2W」と比べて広めの天板なので、液晶ディスレイとパソコンなどをまとめて置くことができ、デスクワークに向いています。また、プロジェクターとノートパソコンを並べて置けるので、プロジェクタースタンド代わりにも使えます。

そのほか、新製品と比べてコンパクトなサイズの「ERD-GAP1W」も好評発売中です。ワーキングデスクとしてはもちろん、サイドデスクとしてもオススメです。

本シリーズは電動タイプと比べてコストを抑えられるガス圧タイプなので、手軽に導入することができます。昇降デスクを実際のオフィスで試してみたい場合などに最適です。


ERD-GAP2Wの製品画像ERD-GAP2W           ERD-GAP3Wの製品画像ERD-GAP3W


広報関係者様専用ページのご案内

製品画像データベースなど各種サービスのご案内や弊社への広報に関する
お問い合わせ専用窓口をご確認いただけます。
(広報担当:渡邉 / 那須 TEL:086-223-3311 FAX:086-223-5123)

広報関連のお問い合わせはこちら

メールマガジンの購読申し込みについて

新商品情報など最新の情報をメールにてお知らせします。
ご登録・解除は無料で受け付けております。お気軽にお申し込みください。

広報関連のお問い合わせはこちら
  •  このリリースに記載の内容は、発表当時の情報です。 
     仕様・価格・外見など、予告なく変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。
  •  記載されている会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。

ニュースリリースへ戻る