トップ > 製品情報 >

詰め替え方法

キヤノンINK-C320・C321シリーズ(BCI-320・321シリーズカートリッジのつめかえ)

[注入方式]
[工具が必要です]
[1カートリッジにインク注入口をあける]
つめかえをするインクの栓をボールペンの先など固いものでインクカートリッジの中に落とし込みます。なお、つめかえをしないインク色の栓はあけないでください。



上図のようにカートリッジを見た時、奥よりイエロー・マゼンタ・シアンとなります。
[2注入口からスポンジに注入パイプを差し込む]
インクカートリッジの中にはスポンジが入っています。このスポンジに注入パイプを差し込んでください。少し力を加えてパイプが斜めにならないようにまっすぐ差し込みます。
パイプの根元が注入口に届くまで差し込んだ後、その位置から5mmほど引き上げたところをインクの注入する高さとしてください。
注入器の筒部分を持ってください。
ピストン部分を持つとインクが出てしまいます。

 
引き上げないで作業した場合、パイプの先にスポンジが詰まった状態となり、ピストンが押し戻されるような手応えとなりインクが入らず、注入器からのインク漏れ、飛び散りの原因となります。
パイプの根元で注入口をふさがないよう、空気の抜けるすき間を確保しておいてください。
     
[3インクを注入する]
注入器のピストンをゆっくりと押しながら、5mlを10秒程度の目安でインクを注入します。急な注入は注入口からインクがあふれて来たり、プリントヘッドから多くのインクが漏れ出て来たりしますので、注意してください。
 
注入器に残ったインクはボトルに戻して次回のつめかえまで保管してください。
 
●インクの注入量 
1回の注入量は、5mlまでを目安としてください。ただし、つめかえ中に注入口からインクがあふれてきたら、その時点で終了してください。インクの入れ過ぎは混色や漏れの原因となります。
※泡が入らないよう最後まで押し込む手前で止めてください。
[インクを吸引する]
 
[インクを吸引する]
注入したインクをヘッド側に移動させるため注入器をホルダー下側の吸引口に差し込み、ピストンを3〜4mlの目盛りまでゆっくり引いてください。引くと同時に黒っぽいインクが注入器の中に出てきます。 ホルダーから外し、注入器の中のインク は水と一緒に洗い流し、捨ててください。
     
 
[インクを吸引する]
注入口についたインクを拭き取り、シールを貼ります。
 
外したカートリッジのヘッドには黒っぽいインクが付着していますので、飛び散らないように注意して取り扱ってください。
※実際につめかえる場合には付属の取扱説明書を読み行ってください。