トップページ > 製品情報 > LAN・ネットワーク > 光ファイバケーブル

光ファイバケーブル

光ファイバケーブル様々な使用環境に対応できる
豊富な光ファイバケーブルをご用意。

■光ファイバとは

光ファイバは、石英ガラスやプラスチックで形成される繊維状の物質で、中に光が通るように作られています。
光の通る部分の大きさが約9.2μmのものがシングルモード、50μmもしくは62.5μmのものがマルチモードと言います。ガラスでできているため非常にもろく、シリコンやナイロン、ノンハロゲン(NH)、紫外線硬化樹脂(UV硬化樹脂)などで強化しています。これを“光ファイバ心線”と言います。

■光ファイバケーブルとは

光ファイバ心線などを束ねて、屋内外での使用に耐える構造にしたものが光ファイバケーブルです。電気信号ではなく半導体レーザーやLED等の光によって通信します。
ケーブルの中心にはTM(テンションメンバ)があり、敷設時にファイバに掛かる張力を緩和します。テンションメンバを中心にして光ファイバコード(もしくは光心線)を集合し、その上に緩衝材や押え巻き、外被を施した構造をしています。緩衝材や外被はファイバを側圧から守る働きをしています。
光ファイバケーブルは、電気信号を流して通信するメタルケーブルと比べて信号減衰が少なく、数十kmから数百kmの長距離を通信することが可能です。

光の通る部分 光ファイバケーブル(コード型)の構造例

製品ラインナップ

コネクタの種類から選ぶ

光ケーブルのコネクタ形状で主な種類はLCコネクタとSCコネクタです。LCコネクタは小型なので高密度実装ができます。SCコネクタは最も一般的なコネクタで、LANの世界標準となっています。

FCコネクタはネジ締め型で、計測器やLAN、公衆通信回線などに最適。STコネクタはバヨネット締結型で、計測器やLAN、公衆通信回線、伝送システム内などに最適。

ページトップへ