トップページ > ピックアップコンテンツ(特集) > 「もしも」に備える!防災特集

「もしも」に備える!防災特集

9月1日は防災の日 「もしも」に備える!防災特集 9月1日は防災の日 「もしも」に備える!防災特集

命を守る防災対策を!

近年、地震や集中豪雨、局地的大雨、落雷などによる災害が増えています。自然災害は時として想像を超える力で私たちを襲ってくるため日頃からの対策が必要です。

また、自然災害だけではなく人的要因の災害にも注意が必要です。2017年2月に物流倉庫の火災が発生した際は、大量の製品に次々に引火して爆発が起こり、長時間の消化活動でもなかなか鎮火せず大規模な損害をもたらしました。

9月1日は防災の日。この機会に防災について考え、普段はなかなか準備できていない防災対策グッズを揃えてみてはいかがでしょうか?日頃から具体的な防災対策をしておけば被害を少なくすることができます。
耐震グッズやトラッキング火災予防製品、落雷対策製品などをサンワサプライがご紹介いたします。

トラッキング火災のGIFアニメ トラッキング火災のGIFアニメ

「防災の日」とは?

毎年9月1日は防災の日です。防災の日を含む1週間(8月30日から9月5日まで)は「防災週間」と定められています。台風、高潮、津波、地震等の災害についての認識を深め、それらの災害に対処する心構えを準備するためとして、昭和35年(1960年)に内閣の閣議了解により制定されました。

大正12年9月1日に発生し、10万人以上の死者・行方不明者を出した『関東大震災』に由来しています。さらに、台風の接近・上陸は8月から9月にかけて多いので、この時期は防災について考えるいい機会と言えるでしょう。

「政府、地方公共団体等関係諸機関をはじめ、広く国民が台風、高潮、津波、地震等の災害についての認識を深め、これに対処する心構えを準備する」日であり、毎年9月1日を中心として「防災思想の普及、功労者の表彰、防災訓練等これにふさわしい行事」が実施されます。

※参照:内閣府 防災情報のページ/「防災の日」及び「防災週間」について
統計局 なるほど統計学園/9月1日 防災の日

地震に備える

耐震ゴムやストッパーで
パソコン機器・家具の転倒防止を

1995年に起きた阪神・淡路大震災では、約半数の負傷者は家具などの転倒・落下を原因としているというデータがあります。

家具や機器の転倒は、つまずいて転んだりぶつかってケガをしたり、ガラスが割れて飛散することで負傷したりと、様々な危険をもたらします。普段からしっかり固定しておけば震災時にケガをせずに済みます。

耐震ゴムの画像

耐震接着ゴム

・耐震度7の接着ゴム。底に敷くだけで上下・左右・前後あらゆる揺れに対応。

・汚れたら水で洗えるので繰り返し使えます。

動画はこちら 動画はこちら
その他の耐震グッズはこちら >

トラッキング火災を防ぐ

今すぐコンセント・プラグの確認を!
トラッキング火災を防止

コンセントにプラグを長時間差し込んだままにしておくと、コンセントとプラグの間にホコリがたまり、ホコリが湿気を帯びると通電している電気によって発火します。このような現象をトラッキングと呼びます。

トラッキング火災は、電気製品を使っていなくても電源がOFFであっても、コンセントにプラグが差さっているだけで発生してしまう、恐ろしい現象です。

トラッキング火災の画像

火災予防安全タップ

TAP-TSH62SWN

・コンセント火災を予防する絶縁キャップ付きスイングプラグを採用。

・差込口はホコリの侵入を防止するシャッターが付いて安全。子供のいたずら予防
にも便利。

・ランプ付きスイッチなので電源の切り忘れ防止にもなります。

・一括電源ON・OFFができる、集中スイッチ付き。

プラグ安全カバー

TAP-PSC1N

・通常の電源プラグをトラッキング火災予防電源プラグにできるカバー。

・電源プラグ本体と差し込み刃の根本の両方を覆うことにより、ホコリや湿気から
ダブルでガードします。

・高弾性シリコンゴム(難燃性グレードUL94V-0)を使用。安全性に優れています。

その他の火災予防タップはこちら > トラッキング火災の画像 トラッキング火災の画像

落雷・豪雨に備える

落雷による停電の対策を

落雷が起きると停電になる場合があります。何時間も停電が続くことが多く、夜間は真っ暗になってしまうので、普段から身近な場所にライトを置いておきましょう。

また、震災状況や家族の安否確認など、情報を得るためにはスマホの電源確保が必要です。毎日のスマホの充電と一緒にモバイルバッテリーも充電して持ち歩くようにしましょう。普段使いもでき、防災用品としても役立ちます。

LEDポータブルライトの画像

LEDポータブルライト

USB-TOY90W

・54粒のホワイトLEDを使用したUSBライト。

・パソコンのUSBポートを電源として利用できます。

・光源がLEDなのでCO2(二酸化炭素)の排出量が少なく、熱をほとんど出さない
省エネ構造。

モバイルバッテリー

BTL-RDC9BK [廃止方向] 

・電池残量を1%刻みでデジタル表示できる5200mAhのコンパクトなモバイルバッ
テリー。

・スマートフォンを約2回分充電でき、タブレットの充電にも対応した最大
5V/2.1A出力ポート付きです。

・夜間の屋外でのレジャーや災害時などで便利なLEDライト付き。

その他のモバイルバッテリーはこちら >

雷サージから大切な機器を守ろう

雷サージとは、落雷時、電線などの高所にあるものに瞬間的に発生する有害な過電圧や過電流のことです。電話線、電源線、アンテナ、大気中を通って家の中に進入し、このサージ電圧によってパソコン・ルーターなどの電子機器は、絶縁破壊や誤作動・劣化などの影響を受けます。

雷サージに対応した「雷ガード」は、内蔵された吸収素子(バリスタ)が雷サージを吸収することで、接続するパソコンなど故障を防ぎます。

雷ガードの画像

雷サージ対応タップ

・小型ACアダプタが差し込める(差込口ピッチ45mm)10個口電源タップ。
iPadなどのタブレットの充電器接続に便利です。

・雷ガードを内蔵しており、恐ろしい雷から機器をガードします。

・雷ガード作動中確認ランプ付き。

その他の雷サージ対応タップはこちら >

豪雨から大切な機器を守る

せっかくスマホやタブレットなどの情報端末を持っていても、突然の集中豪雨や局地的大雨で濡れて操作できなくなったら大変です。もしものために防水ケースを用意しておきましょう。

水だけでなく泥や汚れからも端末を守ることができます。高い防水・防塵規格を取得したケースなら、さらに安心です。

防水ケースの画像

防水防塵耐衝撃タブレットケース

PDA-TABWPHD9 [廃止方向] 

・水や汚れを気にせずタブレットが使用できるハードタイプの防水ケース。防水・
防塵規格のIP57を取得。突然の豪雨などに対応できます。

・側面・背面はハードポリカーボネートを使用しており、万が一の落下からも
タブレットを守ります。

・パネル部分はシリコン素材で、ケースに収納したまま操作できます。

・7〜9.7インチ対応。

防水防塵タブレットケース

PDA-TABWPST12

・水や汚れを気にせず、12.9インチまでのタブレットを収納できるケース。防塵・
防水規格「IP47」を取得しており、突然の雨にも対応できます。

・折りたたみ式のスタンド機能付き。

・タブレットを収納したまま、カメラ撮影が可能です。

その他の防水タブレットケースはこちら >
ページの最初へ戻る
閲覧履歴を見る