トップページ > ピックアップコンテンツ(特集) > PoE関連製品特集

PoE関連製品特集

LANケーブル1本で機器への電力供給・通信ができる PoE関連製品特集

PoEとは?

PoE(ピーオーイー )はPower over Ethernetの略で、LANの配線に使うイーサネットの通信ケーブルを利用して電力を供給する技術のことです。
PoEを使用することで、ACアダプタなどの外部電力が不要になりLANケーブルのみで電力供給ができるようになります。そのため、天井や屋外、コンセントの無い場所などの電源供給が難しい場所でも、ネットワーク機器を設置することができます。

PoEは、2003年6月にIEEE802.3af規格として制定されました。IEEE802.3af規格を拡張したIEEE802.3at規格が2009年9月に標準化され、「PoE plus(ピーオーイープラス)」とも呼ばれています。IEEE802.3at規格では、5e以上のLANケーブル対応で1ポートあたり最大34.2Wの給電が可能です。

PoEで給電すればこんなに便利

電源を確保できない場所に、ネットワーク接続機器を設置できる

コンセントまでの距離が遠かったり、電源ケーブルが短かったりと、電源を確保しづらい場所にネットワーク機器を設置するのはなかなか難しいものです。PoEで給電すれば、屋上や屋外、壁や天井など、電源の確保や工事が難しい場所でも機器の設置が可能になります。

天井にネットワークカメラを設置する場合

タコ足配線を防止し、安全な電源供給ができる

コンセントからの電源供給が必要ないので、タコ足配線を避けられて安全です。

タコ足配線を防止し、安全な電源供給ができる

コンセントの追加工事費も必要なし

電源ケーブルが要らないので、コンセントの追加工事の必要がありません。
コストの削減になります。

コンセントの追加工事費も必要なし

PoE関連製品ラインナップ

ページの最初へ戻る
閲覧履歴を見る